翔陽
 
製造工程
図面を検討し製品イメージを詳細に打ち合わせ
●図面を見て、まず製品に適した成型方法、素材を検討。素材の配分率や鋳物  成型に適しているかどうかを判断します。
●製品の使用用途から形状や内部の構造、仕様、仕上げ処理など細かくお話を 聞き、お客様と完成イメージを綿密に打ち合わせます。
 
専門メーカーならではのノウハウを活かして提案
図面検討の結果を受け、砂型鋳物・金型鋳物・ダイカストなどの成型方法から最適な加工方法をご提案します。アルミ成型・加工の専門メーカーとして培ってきたノウハウで高精度・低コスト・短納期を実現します。
 
図面を検討し製品イメージを詳細に打ち合わせ
試作のための砂型鋳物から量産に適した金型鋳物、ダイカストまで幅広く対応。充実した設備と熟練工の技術によって、鋳物成型から研磨、熱処理、塗装まで一貫してサポート。高い品質の製品を短納期で製作します。
 
熟練技術と最新のテクノロジーで
ミクロン単位の高精度を実現
X線装置やマイクロスコープの検査機器を使用し、製品の内部から外部にわたってピンホール、割れ、ひずみなどを厳しく検査。部品メーカーとして信頼していただける検査体制を整えています。
   
翔陽